冷しゃぶの季節です。

毎日ごはん、頑張って作っているママさん、主婦さん、お疲れ様です!

すっかり夏モードになり、冷たいものが食べたくなりますね。
アイスクリーム、ゼリー・・・おやつも冷たいものが食べたくなりますが、普段の食事も冷たいものが喉を通りやすい季節です。
そんな季節ですが、我が家は実は夏にあまり夏らしい(?)食事をしないように心がけています。
というのも、夏ばて防止のため!
主人が胃腸をよく壊すほうなので、出来るだけ加熱した晩御飯を出していますよ。

そんな中でもやっぱり1回や2回くらいは冷たい食事を食べたくなるのです。季節も感じられますしね。
そこで我が家で冷たい食事第一弾として冷しゃぶを作りました!

10079201115

冷しゃぶはしょうゆ風味のドレッシングとごまドレッシングに分かれますよね。冷やし中華も同じですが。
私個人としてはごまのほうが豚肉の味を際立たせているような気がして好きなのですが、もちろんしょうゆベースも美味しくて好きです!

さて・・・皆さんどんな冷しゃぶの作り方をしていますか?豚肉が硬い!なんてことになっていませんか?
実は冷しゃぶのために豚肉を茹でて、氷水にさらす。
コレ、実はやってはいけないことなんです!
お肉は加熱して冷やすと硬くなる性質を持っているんですよ。ですから常温で冷ますか通常の水に入れるかの選択肢となってきます。

我が家は湯きりした豚肉をそのままざるにあげておいて、レタスを豪快にちぎり(笑)、そのまま常温の肉を乗せるという方法を取っています。これが一番豚肉が柔らかく仕上がるコツなんですよ。
とっても簡単ですよね?

冷しゃぶ、今年初のお味はそれはそれは美味しくてレタスを1個まるごと使ってしまいましたよ。
レタスなどの葉物は最近値段が高いんですが、旬の美味しさには勝てませんね~。

豚肉を柔らかく仕上げる方法を覚えていただければ、冷しゃぶも柔らかくシャキシャキと美味しく召し上がれますよ♪
是非試してみて下さいね。

絶品から揚げ

皆さんから揚げはお好きですか?
あんまり嫌いっていう人も珍しいんじゃないかなーと思います。
子供の頃のお弁当の定番と言えば、卵焼きとから揚げって決まってますよね!絶対!

我が家の揚げ物事情は先日のブログでつづったとおり、主人がメインで揚げています。
から揚げももちろん例外ではありません。
主人がカラリと揚げてくれます。
ということで今晩の晩御飯はから揚げに決定~。
ちゃんとサラダも食べなきゃね、ってことで100円のすでに刻まれている便利野菜を買ってきています。毎度毎度便利野菜を使っているのはコスパに優れているからです(笑)。

出来上がり~
KIMG0521

いつもは簡単にまぶすだけで出来上がるから揚げのもとを使っていますが、今回は醤油、しょうが、砂糖、片栗粉で仕上げたものです。
下味をつけるとしっかり味がしみこんで、何より鶏肉が柔らかくなります!
10分程度置いておくのがいいみたいですね。
その間に鶏肉も常温に戻りますから、揚げて生ってことも少なくなります。

実はから揚げってけっこう難しい揚げ物の中に入るらしくて、生揚げだったりするらしいんですよ。
主人はパチパチの油のはね具合で状態を見ているのですが、なかなかそんなこと熟練の主婦じゃなきゃ出来ない(笑)。

本当は二度揚げしたいところなんですが、一度揚げでもからりとしあがったので満足です。

普段揚げ物は平日はしませんから、エビフライと並んでから揚げも休日のお楽しみって感じです。
ちなみに長女3歳はからあげ6個も食べといて、
「まだおかわりありますかー」
とか言ってました。お腹壊すよ!!どんだけ肉食女子やねん!
と思っていたら、案の定翌日保育園でゆるゆるうんちだったという・・・・。
調子悪いんじゃなくて、それ、食べ過ぎのせいだから(笑)!
文句も言わずになんでも食べてくれる娘には感謝ですが、食べ過ぎはどなんだろう・・・。

から揚げテクニックはやっぱり油を180度に保っておくということでしょうか。
一度に大量に揚げることなく、半分くらいを目安に二回くらいで揚げたほうがからっと仕上がります。

揚げ物は主人にお任せ★

我が家では休日、時間のある時に揚げ物をよくします。
しかーーーし!
揚げ物の場合の担当は主人なんですよ。
こないだも美味しいエビフライとコロッケを頂きました。
KIMG0520
えびふらいもコロッケも冷凍なんで、仕込みもなくってめちゃ楽ちんvv


しかし美味しさにはこだわるので、色々種類があるなら選びまくります。
大きすぎるエビフライだと、衣ばっかりかなーと思ったり、コロッケもパン粉がしっかり付いているものだったり・・・。
冷凍は食べる分だけ揚げることが出来るため、大変活用しております。

平日は揚げ物はなかなか時間がなくて出来ないので、土日祝日など、時間のある時にやります。

そして何故か揚げ物担当は主人。
私が揚げるよりも、上手に揚げてくれます。
我が家はIHなので、揚げ物温度設定とか180度に保ってくれたりするんで、私でも出来るんだろうケド、
主人が揚げたほうが確実なんですよ。
なんたって主人は油のはねる音で揚げ時を感じているからなんです(笑)。

なんかこれって凄いことじゃないですか?
油のはねる音なんて、パチパチじゅわじゅわ、、、どれも一緒のように思えます。
でも主人いわく、泡が大きくなってパチパチが少なくなって油の表面に具材が上がってきたら、ちょうどイイって感じらしいです。
音で分かるなんて極めていますよね。

元々、揚げ物は油が飛んで怖い~と私が言っていたので、かわりに揚げるよって代わってくれたのがきっかけです。
それ以来、から揚げ、エビフライ、トンカツ、コロッケなどなど、揚げ物は全部主人が担当。

結婚前からコロッケはよく揚げていたようです。自分で。
何故なら主人の実家はおもしろくて、ご飯時にいなかったら自分の分のご飯がないってことが殆どだったようです(笑)。
で、何を作るかっていうと、揚げるだけ簡単なコロッケとかを自分で揚げていたらしいのです。
最初はまっくろになったり、半生だったりしたそうですが、次第にコツを覚えていった、ということらしいですね。

私より揚げ物歴は長いので安心して私はサラダをさきにつまんだりしています。
主人はどっちかっていうと家事を手伝ってくれる頼もしい味方であります。

たまの外食は焼肉♪

簡単ご飯を毎日作るのがモットーな私ですが、何故そんな簡単レシピばっかりなのかというと、
保育園に長女を延長保育で預けているため、長女は晩御飯を食べて帰宅するんですよ。
なので、お迎えに行って、帰宅してからぱぱっと作れるものが便利ということで、
仕込みも簡単なものが多いんですよね。

さて、そんなこんなで簡単レシピを色々書いてきましたが、今回は外食です。
たまーーーーの外食は楽しみでもありますね。
でも実は外食ってあんまり好きじゃないんですよ。
まったり出来ないし、ゆっくり出来ないし、行き帰りが面倒だったり・・・。
家で美味しいご飯を食べれるんだから、自宅ご飯でいいじゃん!って、小学生の頃から思っています。
現在進行形(笑)。

さて、このたびは長女が実家に1人でお泊りしてくれたので、主人と2人で焼肉へ行きました。
KIMG0517
たまにのご褒美で焼肉食べ放題です!

ジューシーハラミ、ジューシーロース、豚トロ、レバー、ミノ、ハラミにカルビ・・・。
食べ放題なので何を頼んでも一律一緒のお値段!
焼肉食べ放題は嬉しいですね。

特別私は焼肉が好きというわけでもなく、肉より魚のほうが好きなんですが、たまに食べるとやっぱり美味しいです。
というか体力がついたような気がしますねー。
主人は肉派なので、毎晩のメニューを考えるのに肉系を入れることはマストなんですが、
たまに魚だと血合いの部分を残したり、色々面倒なのですよ(笑)。

写真を撮るのを忘れてしまいましたが、ここの焼肉屋さんのサラダがすっごく美味しかった!
シーザーサラダだったんですけど、温玉が乗って、とっても美味しかったんです。
キムチも入っていましたね。食べるキムチサラダって感じでした。ドレッシングも美味しかった!

こんな風に美味しいなーと思いつつ食べ放題食べれるのは嬉しい限り。
この日、長女はパスタだったようです。
長女も肉食女子のようで、好物は牛丼。
焼肉屋さんにも今度連れて行ってあげようかな。

This entry was posted in 外食 by .

我が家のお弁当

こんにちは!ぽかぽか陽気もなんだかちょっと暑く感じるようになってきたこの頃、
ゴールデンウィークはいかがお過ごしですか?

さてさて、今回は我が家のお弁当を披露させて頂きます!
只今3歳真っ最中の長女璃子ちゃんのお弁当です。
娘が通っている保育園は月に1度だけ、お弁当日というものがあります。それ以外の日は給食室で丁寧な手作りご飯!
センターから配送されず、その場で作ってくれるところは最近では珍しいようですね。

離乳食時期からお世話になっています。ちなみに晩御飯も延長保育で食べてからお迎えです。なので、私が離乳食を作ったり、晩御飯を娘のために作ったりするのはもっぱら土日祝だけというとてもズボラな主婦をしております。

企業保健師転職サイトで通ってる園の保健師さんになった先生からは食べっぷりが良いとお墨付きを離乳食時から頂いています(笑)。

さて、そんな月イチだけのお弁当日ははりきります。
じゃーん。
KIMG0514
二段弁当です。すっかり気分は小学生♪な感じですね。
実は0歳の通常食になった時は、一段だったんですけど、娘はホント大食いなので、1段じゃ足りない!ってことになって二段弁当になってしまいました。
2歳過ぎからこのリラックマの二段弁当を使っています。

まぁそれでも色々詰め込みすぎているんですけどね・・・。
なので、いつもちょびっとだけ残してしまうらしいです。(残り物は園が破棄)
今回はれんこんのはさみ揚げを2枚残したようで、それでも他は全部完食!
卵は2個使って、彩り良くするために(というより卵焼き器がない)ミックスベジタブル(冷凍)を入れて焼いています。味付けはお醤油&砂糖でシンプルに。
からあげ、クリームコーンコロッケは冷凍です。
おにぎりはいつも若干違う味です。ふりかけは常備していますね。
土日のお昼ご飯でごはんを食べる時もあるので。

でも娘、土日は朝からいっぱい食べすぎちゃってお昼ご飯いらない~ってなることのほうが多いです(汗)。
月イチの弁当日は園児皆が楽しみにしていて、朝からルンルンらしいですよ!
娘もリラックマのお弁当箱が嬉しいのか、
自分で持つ!
といってききません(笑)。

ちなみにこのリラックマ弁当箱、ちゃんと弁当袋もついていて、しかもジョー○ンのオマケでしたvv
オマケにしてはよく出来てます。小学生になるまでずっと活用したいと思っています~。

ほろほろの大根が美味しい!ブリ大根

段々と暖かくなってきたこの頃。
冬の寒い時期にはブリ大根で美味しく温まったという人も多いのでは?
ちょっと季節から外れてしまいますが、今では年中季節の魚がスーパーに並んでいますから、ブリ大根を作ってみましょう。

ブリ大根、大根になかなか味が染み渡らないということはありませんか?
作るのがめんどくさい魚の煮物系に入っていませんか?
ブリ大根は下ごしらえをちょこっとするだけで魚くささや大根の甘みを最大限に引き出すことが出来るんです!

その下処理とは・・・。
ゆでる!
です。

ブリはアラを使っても美味しいですし、切り身を一口大に切っても良いです。
大根はそうですね~好みの厚さに切るのが良いですが、私は大体3センチくらい?けっこう厚めに切ります。

そして下処理、ブリはあらかじめ熱湯にくぐらせてくさみを取ります。
大根はお米を少し入れた熱湯で最初にゆでておくと、味が染み渡りやすいです。

その後は下処理した大根とブリを一緒に炊くだけ!
ブリ大根用のたれも売っているので、自信のない方はそれを使ってもOK。
たれはちょっと濃いほうが美味しいです。
しょうゆ、みりん、酒、砂糖、しょうがで充分!
甘みは少ないほうが食べやすいですよ。

10分程度煮込んだら、そのまま放置。1時間くらい放置しておくと、ぐんぐん味が染み込んでいきます。
煮物は、実は冷めていく過程で味が具剤にしみこんでいくんですよ~。
なので、夕食前に作るのではなく、もっと早目から仕込んでおいたほうがよいでしょう。

出来上がりがコレ★
buri2

大根も色よくしみこんでいますね。
こんな色に仕上げたいなら、もう1つ裏テクがあります。
大根にようじでぶつぶつ小さな穴を開けておくんです。その穴から大根の中心部に出汁がしみこんでいきますから、中までしっとりほろほろの大根に仕上がりますよ♪

魚の美味しい季節はもう終わりですね。
また今年の秋から冬にかけてのお楽しみに取っておきましょう~。
とはいえ、スーパーでならいつでも買えるのが実際なんですけど。

夏ばてしないためには滋養のあるものを食べるのがヨシ!
冷たいものがもうすぐ欲しくなる頃ですが、あったかいものを食べて体を冷やさないようにしましょうね。

圧力鍋があれば煮込み料理は簡単!

圧力鍋・・・持っているけれど使い方がどうも分からず大きいしかさばってしまう場所に困っている・・・。
なんて主婦の皆さんはいませんか!?

圧力鍋ほど手軽かつ活用出来るアイテムはありませんよ!
なんと言っても煮込み料理に関してはコレ1台あればなんでもこなせます。
41sdaKVmilL

ティファールとか、色んなブランドから圧力鍋は販売されています。
でも我が家はもらいものの圧力鍋です。義母から頂きましたvv

それから圧力鍋は活用していますよ。かなりの確率で。
まず定番のカレーですが、すじ肉を入れることで風味が増し、カレーの味が濃くなるって知っていましたか?
すじを入れたカレーは長時間煮込むことが原則ですが、圧力鍋なら10分でOK。
ともするとじゃがいもがとけてしまうので、最初はすじだけ水から10分煮込んで、その後材料を投入してふりこが回ったら止める、10分蒸らす・・・で終了です。
あとはルーを入れて完成。
時短もいいところです。

肉じゃがも同じ要領で作ることが出来ます。
シチューもですし、豚の角煮なんてもう、本格的なのが出来てしまいますよ。
圧力鍋のイチオシ料理といえば豚の角煮、それからスペアリブです。
スペアリブソースは市販でいいとして、スペアリブに切れ込みをちょちょっと入れて、圧力鍋で10分加熱。
その後圧が取れるまで放置して、若干煮込み汁にとろみがつくまで煮込んだら出来上がり。

もうお店で出してもおかしくないわ!
ってくらいの美味なスペアリブが出来ますよ~。

骨から身がほろほろと剥がれてくる様子は本当に美味しい!そのものです
圧力鍋、意外に使えるやつです。
ふかし芋だって簡単ですし、コツを掴めば誰だって簡単に使いこなせるものです。
お米だって圧力鍋でたくとふっくら美味しく仕上がります。硬い玄米でもふかふかにvv
お米好きにはたまりませんvv

皆さんのお宅に圧力鍋が眠っているのなら、今一度呼び覚まして使ってみると案外簡単ジャン!と思えるのでは?

レンチン料理が今アツイ!

はい、ズボラ&手抜き料理なら任せて!の私の登場です(笑)。

実は今、レンチン料理にハマっています。
私は持病があるため、週に2日は病院に通院しているのですが、その2日間だけは晩御飯を作るのが大変だろうということで、主人が簡単冷凍モノとかでいいよ~って言ってくれているので、甘えています。

さて、冷凍ラーメンや冷凍のチャーハンは昔からありましたよね。
でも最近はレンジでチン料理がアツイです!
最近ハマっているのは「おうちデリ」シリーズ。
KIMG0483

500Wで4分間という短時間チンするだけで蒸し豚料理が完成します。
種類もたくさんあって、餃子が入っているもの、すき焼き風のもの、豚しゃぶのぽんずやゴマ味噌など色々色々・・・。
ああっ全てが美味しそうです!

味もなかなか本格的で、最初に食べた時には、
ん?
これは自宅で応用出来るんじゃないかな?
って思いました。

耐熱皿に野菜を一口大に切って敷き詰め、その上に豚肉、牛肉など並べ、たれをかけてチン。
一時期はやっていた豚と白菜の重ね煮みたいな感じですね。
たれを作るのが苦労するかな~と思ってみたりしましたが、ポン酢でもいいし、すき焼きのたれを使ってもいけそうなので、今度自宅で手作りチン料理を作ってみるとします。

最近の冷凍商品は味も良いしコスパもよいので、よく利用します。
冷凍たこ焼きなども美味しいものが多いですね。
ただしヤケドに注意が必要です。

私のように週にまる一日かかるような要件がある人は、こういうレンチン料理を使ってみると凄く助かると思います。
味は保証つきですしね♪

ちなみに、今日も買い物へ行って来たのですが、レンチン料理の種類が増えていましたよ。
売れているからなのかなーと思いました。
それくらい、美味しいし、コスパがいいんです。400円くらいで手に入ります。これとあと1品くらいで充分贅沢メニューが整いますよね~。

というわけでチルド食品もあなどれないという話でした。

塩むすびの美味しさ

みなさんご飯、好きですか?

ご飯といっても晩御飯のメニューとかではなく、白ご飯です。
つまり白米です。

私はめっちゃ好きですよ。もう365日ご飯だけでも生きていけます。
我が家は親戚がたんぼを持っていて、いつもお米は30キロの茶袋で頂いております。
精米は近所の精米機で200円でちょうどつきおわります。

ポイントは完全に白米にしないこと。
ちょっと胚芽を残すことがポイントです。栄養もありますし、何より深い味わいが出ます。

ちなみに長女が離乳食を始めた際もこの7分づきのお米をつかってお粥を作っていたので、いつだったかお米を切らしてしまい、スーパーに買いにいって、完全白米で作ったお粥は全然食べなかったんです。

幼児の味覚、恐るべし・・・。

ちなみに今はあんまりそういうこともなくおにぎりが大好きでテレビ見ながら食べてますね。

KIMG0480

いつもはのりを巻くのですが、今日はのりがなかったので本当の塩むすび。

塩むすびは何歳になっても美味しいと思う食べ物です。
というよりご飯が好きなので、お米が美味しい状態が塩むすび、だと思うんですよ。

我が家は若干固めのご飯が好きで、水の量もけっこう慎重に測ったりしています。
炊飯器の目安の線の下あたりに水がくるようにします。
線の真ん中や上だと、全然炊き上がりに差が出来ますからね。
ここまでこだわっているのは美味しいご飯が食べたいから!

炭水化物は太るというけれど、しかしお米、炭水化物をとらなければ脳に必要な栄養が届かず(ブドウ糖)脳貧血や思考力が低下するなどと言われています。

私は過去に摂食障害をわずらったことがあるので、今、ご飯を美味しい!と素直に食べれることに感謝しています。

ちなみに親戚のとれたてのお米は本当に美味しいです。
でもたんぼを手伝ったことがないんですけどね!
もう親戚さんもお年なので、いつもらえなくなるかビクビクしています(笑)。
何せ我が家は1ヶ月10キロ食べますからね~大人2人に幼児1人・・・。
食べ過ぎだと思いますがー私はお米さえあればあとはなんでも!

中学生の頃は効き米が出来たほどハマっていましたね。
懐かしいです。
皆さんも日本の食文化の基本であるお米、見直してみましょう!

簡単!キーマカレーを自宅で作ろう!

毎日の献立、考えるの面倒ではありませんか?

そんな中頑張っているママたちに、簡単キーマカレーの作り方をご紹介します。
と言っても、紹介するほど手の込んだ料理ではありません。
ブログタイトルどおり、毎日簡単ごはんがモットーです(笑)。

頑張るのは最初のみじん切りだけ!
材料も少なくて済むし、安いものなので週1でも作ってOKなごはんです。

材料はニンジンとミンチ肉(あいびき)、カレールウ、のみです!

まずニンジンはみじん切りにします。まぁ、そんなに細かくなくてもいいです。
大きさをそろえるとかも考えなくていいです(笑)。
とりあえず小さく切れていたらいいですよ。

そしてまずニンジンを炒めます。
火が半分くらい通ってきたなと思ったら、次にミンチを投入。
大人2人で250gもあれば余裕です。

あ、にんじんは1本でOKです。

ミンチを入れて炒めます。ミンチからいい感じに脂が出てきますので、それでじっくりいためましょう。
ミンチに完全に火が通ったら、水200ccを加え、煮込みます。
煮込む時間はそれほど長くなくてもOKです。
5分6分程度でいいんじゃないかなぁ~。

一生懸命?いためております。
KIMG0478

にんじんはみじん切りとはいえ、この程度の大きさでも充分!
次は煮込みます。

KIMG0479

その後、火を止めてカレールウを投入。市販のカレールウで大丈夫ですが、キーマカレーの場合、水が少ないので、市販のものでもフレークタイプがオススメです。
固形ルウの場合は刻んで入れましょう。

よく使っているのがこのフレークタイプのルウです。
KIMG0468

また、チャツネを具材をいためている時に入れるとコクが増します。
さらにインスタントコーヒー小さじ1を入れるとまたコクが増します。
インスタントのコーヒーがある人はいれてみましょう。

チャツネはスーパーでも変えますし、1回に使う量はおおさじ1程度なので、常備しておいて色々な料理に使うことが出来ますから、便利ですよ。

水を加えて煮込むこと10分、キーマカレーの出来上がりです。
もし10分煮込んでいる最中に水分が飛んでしまいそうだったら水を追加しましょう。
こってり系が好きな方は水分少なめ、とろり派は水分大目のほうが美味しいですよ。

所要時間は30分もあれば出来ます。
キーマカレー、自宅でも美味しく出来上がります。
食欲が湧かないなと思った時にはカレーです!通常のカレーよりスピーディに作れますからオススメでーす。
そんな我が家の今晩のご飯もキーマカレーです!

豚汁の肉を柔らかく!

寒い日がまた戻ってきたり、暖かい日が戻ってきたり・・・。
そんな気候の変化で晩御飯のメニューとかも変わってきますよね。

さむ~い冬には鍋物や煮込み料理が恋しくなります。
そんな時に簡単便利に作れるのが豚汁!
あまった野菜を適当に刻んで出汁でコトコト、野菜もたっぷり摂れる栄養満点の豚汁の完成です。
特にこんにゃくやごぼうなど、食物繊維が豊富なのも女性や子供にとっては嬉しいですよね。
生野菜だと食べれなくても味噌汁の具になっていると食べれる子供も多いですよね。そんなあったかいい豚汁の上手な?作り方をご紹介します。

まず適当に具材を用意します。
豚汁なので豚肉、あまり野菜・・・ごぼうやこんにゃく、にんじん、じゃがいも、レンコン等など・・・なんでも入れてOKです。里芋とかも美味しいですよね~。

もっと手軽に簡単にサボりたい!という人は、スーパーに行って
豚汁のもと
というものを探してみましょう(笑)。

大抵の具材が水煮の状態で真空パックされたものが販売されています(笑)。
我が家は大人2人幼児1人なので大量に材料を用意すると余るので、もっぱらコレを利用します。
失敗いらずで時短です。
なんてズボラで適当。

でも自分でこさえることもありますよ。
今日は手抜で豚汁のもとをつかいます。

出汁の取り方ですが、これは個人差や好き嫌いもあると思います。
水からこんぶで出汁を取り、かつおぶしをひと煮たちさせ、あげれば1番出汁。
そんな忙しいから出汁をとるのは面倒!
という方は出汁のもとを使いましょう(笑)。

さて、豚汁ですが、まず野菜を一気に入れて出汁でじっくりことこと煮込みます。
最近の調理器具は便利ですね~。我が家のIHにはタイマーがついていて、1分単位で自動でIHが切れる仕組みになっています。
大体10分程度煮込めばOKです。

そして、野菜のあとに豚肉を入れます。

ここ、重要!

豚肉は火を通しすぎると硬くなる性質があります
だから最初に豚肉をいためて、うまみを出して野菜を~とか言うのは実はNGなんですよ。
豚肉を加えたら、火が通ったのを確かめて、味噌をといて出来上がり。

豚肉はバラでも細切れでもなんでも良いですね。私的には脂がのったバラ肉がオススメです。

79ton

豚汁完成~★所要時間は10分程度♪

豚汁に焼き魚、今なら塩サバなどをくっつけるとほっこり冬場のおかずになりますね。
今日も美味しいご飯を食べて元気モリモリ明日も頑張りましょう!

イマドキの冷凍食品は使える!

毎日献立を立てるのは、何時くらいですか?
私は主婦もしていますから、まず朝起きて、朝イチでスーパーへ行ってきます。
ですからそれまでにメニューを考えなければならないんですよね。
これがけっこう厄介で、すぐに考えられるものもあれば、なかなか思いつかない場合もあります。

そんな時は近所の実家に寄って、父に
「昨日の晩御飯なんだった?」
って聞くのが定番です(笑)。

さて、そんな中、私は週2で病院へ通院しています。
主人はそんな私を心配してくれているので、晩御飯は冷凍ものでいいよって言ってくれています。

今、冷凍食品が熱いんです
すっごい種類がたくさんあって、もうなんでも出来ちゃう。
よく作るのが冷凍ラーメンです。
具材もかなり入っていまして、ボリュームも満点です。

KIMG0454

こないだの日は冷凍チャーハンをいため、冷凍ラーメンを作りました。
その前は冷凍のお好み焼きとソバメシを炒めました。
前の前はスチームレンジでチン!とかいうシリーズの豚野菜しゃぶしゃぶとかいうものを食べました。

皆さん付いていっていますか?
冷凍食品イコールお弁当のおかずという時代はとっくに過ぎています。
たこ焼きだって自分で作るのは楽しいけど後片付けが面倒だし、冷凍たこやきなら味の保証もついているし、作るのもチン1つ。とっても簡単。
それでいて美味しくて保存も効きます。

なんて便利なんでしょう冷凍食品!
今ではパスタやチゲうどん、すき焼き煮、ちゃんぽん、ラーメンなど、本当に多岐に渡って冷凍ごはんが充実しているんですよ。

もちろん、素材から作ったご飯も美味しいですが、たまに手抜がしたい時には冷凍ものに頼るのも1つの手段だと思いますよ。
何より美味しい!ですから。
味の保証がついているのは嬉しいですね。

ちなみに餃子で有名な王将も、冷凍餃子が出ています。
店舗で購入は出来なくて、大手のスーパーなどでも置いていますよ。
餃子の焼き方にもコツがあるのですが、それはまた今度と言うことで。
今日も私のブログにお付き合いいただきありがとうございました!

マーボー春雨を一工夫!

我が家は辛いものが大好きな家庭で、娘3歳以外、主人と私はなんでも辛口を買ってしまいます。
主人のほうが激辛がスキなので、私より辛いものを食べていますね。
そんなに食べて痔にならないのかと心配でなりません。

さて、そんな我が家の毎日ごはんで簡単メニューとしてよく登場するのがマーボー春雨。
市販のモトが売っていますよね。
あの辛口をよく使います。

でもでも・・・そのまま使っていたんじゃ芸がない!
ということで、調味料を一工夫して、本格的な味に仕上げています。
とっても簡単ですので、是非チャレンジして下さいね。

まず、市販のマーボー春雨の素と豚バラ肉、えのきたけを準備します。
豚肉でボリュームアップしてしっかりしたおかずになりますし、えのきは春雨にめっちゃ合います!

というわけで、豚肉から炒め、軽く火が通ったらえのきを投入。
そして水と春雨を入れるのですが、ハイ、ここで登場!

KIMG0444

豆板醤です。とーばんじゃん。
よくお世話になっているクックドゥーのものですね。
豆板醤はメーカーによっても味が違いますから、食べ比べて自分の好みの辛さや味を探してみましょう!
さて、登場してもらった豆板醤を戻しつつある春雨の中にドバー!と小さじやまもり3杯投入。

よく混ぜて、全体から汁気がなくなってきたらごま油をちょっと足して(小さじ1杯程度)完成です!
なんて簡単な、でも贅沢中華気分を味わえるマーボー春雨の出来上がりです。

最後のごま油は香りづけなので、入れても入れなくてもOKです。
ただ、豆板醤だけは入れましょう。しかもがっつり入れましょう。
とっても美味しくなります。コクが出て、市販の素とは思えない味になりますよ。
辛いのが苦手という人は、風味付けだけの意味も含めて小さじにちょっとだけ入れてみましょう。

このあつあつ、辛いマーボー春雨、冬だけのものではなくて、夏にもぴったり。
汗だくになって食べると夏ばてもあら不思議、どこかへ行ってしまいます(笑)!

豚肉とえのきが入っているのでボリュームもありますし、栄養も加わります。
これに副菜をあわせるのであれば、中華スープやシュウマイがオススメです。
どちらも市販でそろえることが出来ます。なんてサボリなんでしょう。

調味料を1つ加えるだけで劇的に変化する料理の素はたくさんあります。
いかにラクして本格的な味を作れるか、がモットーな私ですので、今後も同じように手軽に、でも本格的な味を目指してブログメニューを増やしていきますね。