豚汁の肉を柔らかく!

寒い日がまた戻ってきたり、暖かい日が戻ってきたり・・・。
そんな気候の変化で晩御飯のメニューとかも変わってきますよね。

さむ~い冬には鍋物や煮込み料理が恋しくなります。
そんな時に簡単便利に作れるのが豚汁!
あまった野菜を適当に刻んで出汁でコトコト、野菜もたっぷり摂れる栄養満点の豚汁の完成です。
特にこんにゃくやごぼうなど、食物繊維が豊富なのも女性や子供にとっては嬉しいですよね。
生野菜だと食べれなくても味噌汁の具になっていると食べれる子供も多いですよね。そんなあったかいい豚汁の上手な?作り方をご紹介します。

まず適当に具材を用意します。
豚汁なので豚肉、あまり野菜・・・ごぼうやこんにゃく、にんじん、じゃがいも、レンコン等など・・・なんでも入れてOKです。里芋とかも美味しいですよね~。

もっと手軽に簡単にサボりたい!という人は、スーパーに行って
豚汁のもと
というものを探してみましょう(笑)。

大抵の具材が水煮の状態で真空パックされたものが販売されています(笑)。
我が家は大人2人幼児1人なので大量に材料を用意すると余るので、もっぱらコレを利用します。
失敗いらずで時短です。
なんてズボラで適当。

でも自分でこさえることもありますよ。
今日は手抜で豚汁のもとをつかいます。

出汁の取り方ですが、これは個人差や好き嫌いもあると思います。
水からこんぶで出汁を取り、かつおぶしをひと煮たちさせ、あげれば1番出汁。
そんな忙しいから出汁をとるのは面倒!
という方は出汁のもとを使いましょう(笑)。

さて、豚汁ですが、まず野菜を一気に入れて出汁でじっくりことこと煮込みます。
最近の調理器具は便利ですね~。我が家のIHにはタイマーがついていて、1分単位で自動でIHが切れる仕組みになっています。
大体10分程度煮込めばOKです。

そして、野菜のあとに豚肉を入れます。

ここ、重要!

豚肉は火を通しすぎると硬くなる性質があります
だから最初に豚肉をいためて、うまみを出して野菜を~とか言うのは実はNGなんですよ。
豚肉を加えたら、火が通ったのを確かめて、味噌をといて出来上がり。

豚肉はバラでも細切れでもなんでも良いですね。私的には脂がのったバラ肉がオススメです。

79ton

豚汁完成~★所要時間は10分程度♪

豚汁に焼き魚、今なら塩サバなどをくっつけるとほっこり冬場のおかずになりますね。
今日も美味しいご飯を食べて元気モリモリ明日も頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>