月別アーカイブ: 2014年4月

ほろほろの大根が美味しい!ブリ大根

段々と暖かくなってきたこの頃。
冬の寒い時期にはブリ大根で美味しく温まったという人も多いのでは?
ちょっと季節から外れてしまいますが、今では年中季節の魚がスーパーに並んでいますから、ブリ大根を作ってみましょう。

ブリ大根、大根になかなか味が染み渡らないということはありませんか?
作るのがめんどくさい魚の煮物系に入っていませんか?
ブリ大根は下ごしらえをちょこっとするだけで魚くささや大根の甘みを最大限に引き出すことが出来るんです!

その下処理とは・・・。
ゆでる!
です。

ブリはアラを使っても美味しいですし、切り身を一口大に切っても良いです。
大根はそうですね~好みの厚さに切るのが良いですが、私は大体3センチくらい?けっこう厚めに切ります。

そして下処理、ブリはあらかじめ熱湯にくぐらせてくさみを取ります。
大根はお米を少し入れた熱湯で最初にゆでておくと、味が染み渡りやすいです。

その後は下処理した大根とブリを一緒に炊くだけ!
ブリ大根用のたれも売っているので、自信のない方はそれを使ってもOK。
たれはちょっと濃いほうが美味しいです。
しょうゆ、みりん、酒、砂糖、しょうがで充分!
甘みは少ないほうが食べやすいですよ。

10分程度煮込んだら、そのまま放置。1時間くらい放置しておくと、ぐんぐん味が染み込んでいきます。
煮物は、実は冷めていく過程で味が具剤にしみこんでいくんですよ~。
なので、夕食前に作るのではなく、もっと早目から仕込んでおいたほうがよいでしょう。

出来上がりがコレ★
buri2

大根も色よくしみこんでいますね。
こんな色に仕上げたいなら、もう1つ裏テクがあります。
大根にようじでぶつぶつ小さな穴を開けておくんです。その穴から大根の中心部に出汁がしみこんでいきますから、中までしっとりほろほろの大根に仕上がりますよ♪

魚の美味しい季節はもう終わりですね。
また今年の秋から冬にかけてのお楽しみに取っておきましょう~。
とはいえ、スーパーでならいつでも買えるのが実際なんですけど。

夏ばてしないためには滋養のあるものを食べるのがヨシ!
冷たいものがもうすぐ欲しくなる頃ですが、あったかいものを食べて体を冷やさないようにしましょうね。

圧力鍋があれば煮込み料理は簡単!

圧力鍋・・・持っているけれど使い方がどうも分からず大きいしかさばってしまう場所に困っている・・・。
なんて主婦の皆さんはいませんか!?

圧力鍋ほど手軽かつ活用出来るアイテムはありませんよ!
なんと言っても煮込み料理に関してはコレ1台あればなんでもこなせます。
41sdaKVmilL

ティファールとか、色んなブランドから圧力鍋は販売されています。
でも我が家はもらいものの圧力鍋です。義母から頂きましたvv

それから圧力鍋は活用していますよ。かなりの確率で。
まず定番のカレーですが、すじ肉を入れることで風味が増し、カレーの味が濃くなるって知っていましたか?
すじを入れたカレーは長時間煮込むことが原則ですが、圧力鍋なら10分でOK。
ともするとじゃがいもがとけてしまうので、最初はすじだけ水から10分煮込んで、その後材料を投入してふりこが回ったら止める、10分蒸らす・・・で終了です。
あとはルーを入れて完成。
時短もいいところです。

肉じゃがも同じ要領で作ることが出来ます。
シチューもですし、豚の角煮なんてもう、本格的なのが出来てしまいますよ。
圧力鍋のイチオシ料理といえば豚の角煮、それからスペアリブです。
スペアリブソースは市販でいいとして、スペアリブに切れ込みをちょちょっと入れて、圧力鍋で10分加熱。
その後圧が取れるまで放置して、若干煮込み汁にとろみがつくまで煮込んだら出来上がり。

もうお店で出してもおかしくないわ!
ってくらいの美味なスペアリブが出来ますよ~。

骨から身がほろほろと剥がれてくる様子は本当に美味しい!そのものです
圧力鍋、意外に使えるやつです。
ふかし芋だって簡単ですし、コツを掴めば誰だって簡単に使いこなせるものです。
お米だって圧力鍋でたくとふっくら美味しく仕上がります。硬い玄米でもふかふかにvv
お米好きにはたまりませんvv

皆さんのお宅に圧力鍋が眠っているのなら、今一度呼び覚まして使ってみると案外簡単ジャン!と思えるのでは?

レンチン料理が今アツイ!

はい、ズボラ&手抜き料理なら任せて!の私の登場です(笑)。

実は今、レンチン料理にハマっています。
私は持病があるため、週に2日は病院に通院しているのですが、その2日間だけは晩御飯を作るのが大変だろうということで、主人が簡単冷凍モノとかでいいよ~って言ってくれているので、甘えています。

さて、冷凍ラーメンや冷凍のチャーハンは昔からありましたよね。
でも最近はレンジでチン料理がアツイです!
最近ハマっているのは「おうちデリ」シリーズ。
KIMG0483

500Wで4分間という短時間チンするだけで蒸し豚料理が完成します。
種類もたくさんあって、餃子が入っているもの、すき焼き風のもの、豚しゃぶのぽんずやゴマ味噌など色々色々・・・。
ああっ全てが美味しそうです!

味もなかなか本格的で、最初に食べた時には、
ん?
これは自宅で応用出来るんじゃないかな?
って思いました。

耐熱皿に野菜を一口大に切って敷き詰め、その上に豚肉、牛肉など並べ、たれをかけてチン。
一時期はやっていた豚と白菜の重ね煮みたいな感じですね。
たれを作るのが苦労するかな~と思ってみたりしましたが、ポン酢でもいいし、すき焼きのたれを使ってもいけそうなので、今度自宅で手作りチン料理を作ってみるとします。

最近の冷凍商品は味も良いしコスパもよいので、よく利用します。
冷凍たこ焼きなども美味しいものが多いですね。
ただしヤケドに注意が必要です。

私のように週にまる一日かかるような要件がある人は、こういうレンチン料理を使ってみると凄く助かると思います。
味は保証つきですしね♪

ちなみに、今日も買い物へ行って来たのですが、レンチン料理の種類が増えていましたよ。
売れているからなのかなーと思いました。
それくらい、美味しいし、コスパがいいんです。400円くらいで手に入ります。これとあと1品くらいで充分贅沢メニューが整いますよね~。

というわけでチルド食品もあなどれないという話でした。

塩むすびの美味しさ

みなさんご飯、好きですか?

ご飯といっても晩御飯のメニューとかではなく、白ご飯です。
つまり白米です。

私はめっちゃ好きですよ。もう365日ご飯だけでも生きていけます。
我が家は親戚がたんぼを持っていて、いつもお米は30キロの茶袋で頂いております。
精米は近所の精米機で200円でちょうどつきおわります。

ポイントは完全に白米にしないこと。
ちょっと胚芽を残すことがポイントです。栄養もありますし、何より深い味わいが出ます。

ちなみに長女が離乳食を始めた際もこの7分づきのお米をつかってお粥を作っていたので、いつだったかお米を切らしてしまい、スーパーに買いにいって、完全白米で作ったお粥は全然食べなかったんです。

幼児の味覚、恐るべし・・・。

ちなみに今はあんまりそういうこともなくおにぎりが大好きでテレビ見ながら食べてますね。

KIMG0480

いつもはのりを巻くのですが、今日はのりがなかったので本当の塩むすび。

塩むすびは何歳になっても美味しいと思う食べ物です。
というよりご飯が好きなので、お米が美味しい状態が塩むすび、だと思うんですよ。

我が家は若干固めのご飯が好きで、水の量もけっこう慎重に測ったりしています。
炊飯器の目安の線の下あたりに水がくるようにします。
線の真ん中や上だと、全然炊き上がりに差が出来ますからね。
ここまでこだわっているのは美味しいご飯が食べたいから!

炭水化物は太るというけれど、しかしお米、炭水化物をとらなければ脳に必要な栄養が届かず(ブドウ糖)脳貧血や思考力が低下するなどと言われています。

私は過去に摂食障害をわずらったことがあるので、今、ご飯を美味しい!と素直に食べれることに感謝しています。

ちなみに親戚のとれたてのお米は本当に美味しいです。
でもたんぼを手伝ったことがないんですけどね!
もう親戚さんもお年なので、いつもらえなくなるかビクビクしています(笑)。
何せ我が家は1ヶ月10キロ食べますからね~大人2人に幼児1人・・・。
食べ過ぎだと思いますがー私はお米さえあればあとはなんでも!

中学生の頃は効き米が出来たほどハマっていましたね。
懐かしいです。
皆さんも日本の食文化の基本であるお米、見直してみましょう!